grのカメラの買取するときに役立つ、査定情報や高く売却するコツを解説!

カメラは年々先進的で機能性の良い製品が発売されていくため、人気シリーズのカメラであっても廃盤になることもあります。しかし、中古業界では古い廃盤になった物から最新の物まで取引きされているので、不用なカメラは現金化できます。

収納場所に眠っている、使用する機会がないgrのカメラをお持ちなら、需要があるうちに買取を検討してみるとよいでしょう。ここではgrを買取する際の役立つ情報をまとめたのでご覧ください。

『カメラのd5100を少しでも高く買取ってもらうためのコツ』

ricoh grのカメラの概要

見た目がシンプルでちょっとレトロな雰囲気も漂うricoh grのカメラ。1996年に登場したgrシリーズはフィルムカメラからスタートしたシリーズで、現在ではコンパクトデジタルカメラなどの製品の開発や製造、販売をおこなっています。

カタログスペックの数字競争や、流行の機能を追いかけることはせず、容易なモデルチェンジもしないという高いポリシーを持っている企業です。独自のモノ作りの視点から、こだわりのあるカメラを作り続けています。デザインは当初から変わることなく、目立たせるデザインではありませんが、昔ながらの味わいのあるデザインが非常に人気で、grの根強いファンは多いです。

小さくて持ち運びしやすく、片手でもサクサクと撮れるうえに、写りが良いところが魅力的。軽量で写真が撮りやすいことから、初心者やカメラ女子の所有率も高いです。

grのカメラは売却できるのか

grのシリーズは、銀塩フィルム事業からは撤退して生産はされていませんが、中古市場ではフィルムカメラも数万円で取引きされる機種もあります。

例えば、2001年に登場したricoh gr21は、中古価格で100,000円以上で販売されているほど需要があるカメラで人気があります。

買取価格は、2019年10月時点で40,000円台から50,000円以上の間が相場になっており、高値で売れる可能性が高いです。古くて廃盤のカメラだからといって売るのをあきらめないで、一度査定に出してみると良いでしょう。

処分しようと思っていたカメラが、想像以上の価格で売れる場合もあるので、廃棄するのはもったいないです。grシリーズのデジタルカメラの方も、買取業者では頻繁に取引きされていて、高価買取を強化している業者もあります。

10,000円~60,000円以上で買取されていて、発売日に近い製品ほど高値で売れる傾向があり、旧製品ほど値下がることが多いです。古いカメラを売って新しいモデルの製品が欲しいと考えているなら、早めに売ったほうが高値で売れる確率が高くなります。

使わなくなったカメラは現金化して新しい商品を買う資金に充てるとよいでしょう。

grの査定ポイントを知っておこう

買取業者でgrを売るときは、査定ポイントをよく知っておいたほうが、買取を有利に進められます。買取業者によって査定基準は違うものですが、共通する査定ポイントがあるものです。業者のスタッフがとくにチェックする査定ポイントは、汚れやキズ、使用感などのカメラのコンディション部分です。

商品のコンディションが悪いと査定価格は下がる傾向があります。マイナス点が多ければ多いほど価値が下がるため、査定前にはお手入れをしておく必要があります。長い間放置したまま保管していると、ホコリもたくさんつくことがあるので、取れるホコリや汚れはあらかじめ取り除いておきましょう。

そうやってマイナス面を改善する工夫をしておけば、見た目の印象が良くなって査定価格もぐんとアップするはずです。次に、付属品の有無も査定ポイントで重視されます。付属品が全部揃っているgrのカメラのほうが、付属品が揃っていないカメラ本体だけの商品よりも高値で買取されることが多いです。

箱や説明書、冊子やケーブルなどの付属品は、あるだけ全部揃えて売るようにしましょう。

カメラ専門の買取業者を利用しよう

grのカメラは、さまざまな種類があります。廃盤になったカメラでも、ヴィンテージカメラを愛好する人も多いため、入手困難なモデルは価値が高まり、高値で売れる場合もあります。ですから、カメラのブランドメーカーや知識を熟知した専門の買取業者で売却することを推奨します。

人気のメーカーやモデル、年代や希少品など、価値を評価してくれる専門の買取業者を利用することが、高く売るコツになります。地域にあるリサイクルショップでもカメラは売却できますが、カメラのことをよく知らないアルバイトスタッフが査定を担当することもあります。

安く見積もられる可能性が高いので、気をつける必要があります。専門の買取業者が近くにないという人は、全国各地から買取が可能な宅配買取に対応した業者も増えているので、サービスを利用してみてはどうでしょうか。

宅配料や振込手数料、宅配キットなどを無料にして、負担をかけずにサービスを利用できるところも多いです。店舗に行かなくても手軽に売却できるので、需要が増えているサービスです。

買取相場をチェックしておくことが大事

中古市場の相場を知らなければ、grのカメラの査定価格が安値なのか高値なのかを判断することは難しいと言えます。人気のgrは数万円の高値で売れる製品も多いため、相場情報をしっかり把握して、安く売ってしまわないようにしたいところです。

中古市場のgrシリーズの相場は、ネットオークションやフリマアプリでも、取引き価格を簡単に調べることができます。また、複数の買取業者に見積もり依頼をすれば、最新の相場感を確認することが可能なので、相見積もりは必ずしておくほうがよいです。

各買取業者の買取価格を比較すると、価格差があることがわかるでしょう。相見積もりをしておけば、良い条件の業者で取引きができ、満足のいく買取につながります。

まとめて売れば高く売却できることもある

カメラの専門業者では、カメラ以外にもストロボや三脚、バッテリーなどのさまざまなアイテムも取り扱っているところが多いです。使用しなくなったカメラや、それに関するアイテムがたくさんあって処分に困っているなら、まとめて売ることをおすすめします。

買取業者では、1点ずつ買取手続きをするよりも、まとめ売りのほうが人件費やコスト代などのさまざまな経費がカットできます。そのため、コストカット分を査定価格に上乗せしてくれる業者も多いです。まとめ売りのキャンペーンを実施している業者を利用すれば、通常価格よりも割高で売れるのでとてもお得です。

収納スペースにあふれている不用品を、一気に片付けられるチャンスでもあります。grのカメラを売るときに、他のカメラやアイテムの売却も検討してみるとよいでしょう。